睡眠時無呼吸症候群と睡眠障害

images

無呼吸症候群や不眠症などは「睡眠障害」のひとつとして認識されています。最近は睡眠障害についての専門セクションや外来も増えてきていて、非常に注目されている分野でもあります。

睡眠障害というのは、睡眠の量・質に問題が生じている状態です。
生活習慣や環境から来ている場合もあれば、精神的なもの、身体的な障害から生じるケースもあるなど様々です。

単純に不眠だけが睡眠障害ではなく、日中に強い眠気があるという場合も含まれます。原因は様々ですから、しっかりと診察してもらうのが解決への第一歩です。

睡眠時無呼吸症候群というのは睡眠中の呼吸が定期的に止まるもので、大きないびきや無呼吸が繰り返されることにより熟睡できなかったり、睡眠中の体のはたらきが十分に行われずに様々な不調を生じさせるものです。

また、合併症も非常に危険なものが多く、生活習慣病やうつ病などの引き金となることもありますので注意が必要です。

睡眠障害は現在急増しているといわれていて、厚生労働省の調査では成人の5人に1人は何らかの睡眠障害を抱えていると言います。ライフスタイルや社会環境の変化もありますし、ストレスの増加なども原因とされています。

睡眠時間は寿命にも影響があり、十分な睡眠時間が取れないことで死亡リスクも高まります。健康的な生活を保つためにも、睡眠の問題は早めに解決するべきです。睡眠時無呼吸症候群も初期症状のうちは、たいしたことが無いと思われがちですが、早期発見早期治療が大切です。こちらも参考に:http://xn--vck8crcu19pykewlam14hegscsjpldoual70f.jp/

生活習慣見直しで肥満解消

単純に食事制限をすれば、肥満を改善できるわけではありません。一度、生活習慣を見直しが必要になります。

カロリーの摂りすぎや運動不足の他にも、食事時間が不規則だったり、バランスの崩れた食事内容だったり、睡眠不足もあるかもしれません。

このような生活習慣を持っている方は、だいたいのところ、自分の健康や体に対する意識に関心がないことが多いものです。

やはり、ちゃんと毎日朝食をとったり、6時間以上の睡眠をとるように気を付けている方は、健康に高い意識をもっています。

そして、そういった方に、太っている人は少ないものです。まず、肥満の改善を目指すなら、規則正しい生活習慣をおくるようにすることが第一です。

さらに、生活習慣といっしょに、食生活の見直しも行ってみましょう。食生活を見直すといっても、食事内容だけをかえるのではありません。

毎日、決まった食事時間にするだけでも、肥満改善には重要なのです。22時以降は食事を食べないようにして、満腹感を感じるように、少量でもよく噛んで噛む回数を増やすのが効果的です。

よく噛むことは満腹中枢の刺激につながるので、食べ過ぎ防止に役立ちます。加工食品やインスタント食品はなるべく食べないのも、肥満を改善するために有効です。

手軽に手を出せる食べ物は、目につかないところに隠してしまうといいでしょう。食生活を見直したら、適度な運動もはじめましょう。肥満の改善に、より一層効果があります。

ただ、急激に激しい運動を始めると体の負担になるので、軽い運動からはじめましょう。夕食後のウォーキングは、とても良い方法です。

約30分~1時間程度でかまいませんから、じっくりと取り組みます。毎日、食後のウォーキングを続けることで、肥満体質の改善に結びついていきます。

目の疲れ、眼精疲労の理解を深める

何か作業をしていて目が疲れてしまっていると感じたことはないでしょうか?読書をしすぎてしまっていたり、スマホをいじりすぎてしまったあとに、眼が疲れていると感じるだけではなく、肩や頭が痛くなってしまったりする人もいるのではないでしょうか?これらの原因が普通の疲れ目だったら、そこまで苦労しないのですが、これが眼精疲労によるものだと、改善するのに苦戦してしまうかもしれません。

今回は、貴方が現在感じている目の疲れは、疲れ目なのか、眼精疲労なのか、その原因はなん7日などについてお話をしていきたいと思います。

「平成10年技術革新と労働の実態調査」というものが厚生労働省によって発表されたのですが、この調査によると、事業所の中でパソコンを使ったことで疲れを感じるようになったという従業員が増えたと答えたのは、34%ほどでした。そして、90%を超える人が、眼の疲れを感じていると答えたのです。

人間の感覚の中で一番情報量が多いと言われているのは視覚です。そして、言語による人同士のコミュニケーションというのは5%に過ぎないと言われています。ここで分かるように人間は、その殆どを目による情報によって状況などを判断しているのです。

目を使うのは職場だけではないですよね。運転をしていても眼から情報が入ってきますし、テレビや雑誌、携帯電話を見ていても目を使うことになります。このように、現代というのは目を疲れさせてしまう要因が溢れかえっている状態になっているのです。

目の疲れ解消に参考にしてください→http://xn--u9j0cu87v22gdrbb81d.jp/

それに最近は、夜から仕事だという人も多いですし、不規則な生活をしている人も多いです。ですので、本来であれば夜は目を休憩させるために重要な生活習慣でしたが、夜になっても目を休めることができずに慢性的に眼に疲れが溜まってしまっている人が多くなってきているのです。