青汁の種類と特徴!明日葉青汁がおすすめ!

青汁というのは、色々な種類の商品があるのですが、特にポピュラーになっているのは、サプリメントと冷凍タイプ、粉末状タイプではないでしょうか?

青汁というのは、種類によって製造方法が異なっているのですが、これによって何か特徴が違っているのでしょうか?青汁の種類別にどんなメリットとデメリットがあるのかを解説していきます。

初めに、粉末状になっている青汁のメリットとデメリットからです。青汁の中でも、粉末タイプになっているものはとても多いです。粉末タイプというのは、味がとても飲みやすくなっていて、手軽に飲むことができるという点がメリットと言えるでしょう。それに、サイズも小さくなっていますから、まとめ買いをしたとしてもそこまで場所をとってしまうということはありません。飲むときには、粉末を水で溶かして飲むだけですから、仕事の休憩時間中に飲むこともできます。

以前は、青汁というと苦いという印象が強かったのですが、最近の粉末状の青汁はとても飲みやすくなっています。ただ、粉末タイプの青汁の中には、高温で加熱されて作られている商品もあります。

青汁というのは、酵素やミネラル、ビタミンなどが含まれているのですが、過熱をすると壊れてしまうという性質を持っています。ですから、粉末タイプの青汁を飲むつもりなのであれば、加熱処理をしていない青汁を選ぶようにしましょう。そうすれば、青汁本来の栄養素をしっかり摂取することができるでしょう。特に明日葉の青汁は美味しく栄養価が高いので人気です。

次に冷凍タイプになっている青汁というのは、とても新鮮な状態になっています。作られたばかりの青汁を冷凍にして保存していますから、出来たての青汁を口にすることができるというメリットがあります。解凍をしてそのまま飲めば、新鮮な状態で飲めるようになっています。しかし、作られたばかりの青汁を冷凍にしていますから、サイズが大きめになっています。あまり保管場所がないのであれば、解凍をして水で溶かして飲むことができるものを選ぶといいでしょう。

冷凍タイプの青汁のデメリットとして、味が青汁本来の味になっていますから、好き嫌いがはっきりと分かれるという点があります。