目の疲れ、眼精疲労の理解を深める

何か作業をしていて目が疲れてしまっていると感じたことはないでしょうか?読書をしすぎてしまっていたり、スマホをいじりすぎてしまったあとに、眼が疲れていると感じるだけではなく、肩や頭が痛くなってしまったりする人もいるのではないでしょうか?これらの原因が普通の疲れ目だったら、そこまで苦労しないのですが、これが眼精疲労によるものだと、改善するのに苦戦してしまうかもしれません。

今回は、貴方が現在感じている目の疲れは、疲れ目なのか、眼精疲労なのか、その原因はなん7日などについてお話をしていきたいと思います。

「平成10年技術革新と労働の実態調査」というものが厚生労働省によって発表されたのですが、この調査によると、事業所の中でパソコンを使ったことで疲れを感じるようになったという従業員が増えたと答えたのは、34%ほどでした。そして、90%を超える人が、眼の疲れを感じていると答えたのです。

人間の感覚の中で一番情報量が多いと言われているのは視覚です。そして、言語による人同士のコミュニケーションというのは5%に過ぎないと言われています。ここで分かるように人間は、その殆どを目による情報によって状況などを判断しているのです。

目を使うのは職場だけではないですよね。運転をしていても眼から情報が入ってきますし、テレビや雑誌、携帯電話を見ていても目を使うことになります。このように、現代というのは目を疲れさせてしまう要因が溢れかえっている状態になっているのです。

それに最近は、夜から仕事だという人も多いですし、不規則な生活をしている人も多いです。ですので、本来であれば夜は目を休憩させるために重要な生活習慣でしたが、夜になっても目を休めることができずに慢性的に眼に疲れが溜まってしまっている人が多くなってきているのです。